リファチェック
採用プロセスの新基準
リファチェックで
リスクを大幅カット!













リファチェックで“採用リスク”を大幅カット

サービスの利用により、書類選考や面接以外の客観的な評価を入社前に知ることが可能です。ミスマッチ採用の回避し、入社後に活躍できる精鋭となる人材を集めやすくなります。
採用活動における
こんな課題ありませんか?
入社後のミスマッチ
経歴のわりに動きが悪い。 成績が振るわない。 マネジメン経験があると言っていたのに管理能力がない。 など、実際に入社してみると面接でアピールしていたことが全く出来ていない。 従って、活躍できる場所が無くなり早期退職に繋がります。
採用に係るコスト
1人当たりの平均採用コストは、中途採用で約62万円。 新卒採用は約53万円で、パート・アルバイトでは約5万円と云われています。 この他に採用後は教育費や給料などの人件費、紹介会社を通じてであれば紹介手数料など、採用に係るコストはかなり高額なものになっています。
採用活動の人手・工数などのリソース不足
多くの企業が、戦略人事がうまく機能しない理由として挙げる理由に「人事部門のリソース不足」があります。 従来の業務で手一杯の状態に終始しており、戦略人事に割くリソースが捻出できないという事が原因です。 そのような状態では、良い人材を見極めることも上手くいかず、問題社員が入社することで社内環境の悪化や、早期退職という悪循環を生む一方です。
採用活動における
こんな課題ありませんか?


入社後のミスマッチ

経歴のわりに動きが悪い。 成績が振るわない。 マネジメン経験があると言っていたのに管理能力がない。 など、実際に入社してみると面接でアピールしていたことが全く出来ていない。 従って、活躍できる場所が無くなり早期退職に繋がります。


採用に係るコスト

1人当たりの平均採用コストは、中途採用で約62万円。 新卒採用は約53万円で、パート・アルバイトでは約5万円と云われています。 この他に採用後は教育費や給料などの人件費、紹介会社を通じてであれば紹介手数料など、採用に係るコストはかなり高額なものになっています。


採用活動の人手・工数などのリソース不足

多くの企業が、戦略人事がうまく機能しない理由として挙げる理由に「人事部門のリソース不足」があります。 従来の業務で手一杯の状態に終始しており、戦略人事に割くリソースが捻出できないという事が原因です。 そのような状態では、良い人材を見極めることも上手くいかず、問題社員が入社することで社内環境の悪化や、早期退職という悪循環を生む一方です。

上記のような課題を解決する方法は
大きく分けると3つあります

SOLUTIONS.1
リファレンスチェック

前職で一緒に働いていた第三者(採用候補者が指定)から採用候補者の実績や人物像など客観的な情報を得ることで、採用におけるリスクを軽減。

SOLUTIONS.2
労務士に相談

職場では様々な問題が起こります。労務士に相談することで素早い解決へ導いてくれるが、採用前のリスク回避は困難。

SOLUTIONS.3
バッググランドチェック

事実を知っている元上司や元同僚(不特定多数)に聞き込み調査を実施することで、活躍振りの他に会社に不利益を与える可能性のある人物か否かの判断。

上記のような課題を解決する方法は
大きく分けると3つあります


SOLUTIONS.1

リファレンスチェック

前職で一緒に働いていた第三者(採用候補者が指定)から採用候補者の実績や人物像など客観的な情報を得ることで、採用におけるリスクを軽減。


SOLUTIONS.2

労務士に相談

職場では様々な問題が起こります。労務士に相談することで素早い解決へ導いてくれるが、採用前のリスク回避は困難。


SOLUTIONS.3

バッググランドチェック

事実を知っている元上司や元同僚(不特定多数)に聞き込み調査を実施することで、活躍振りの他に会社に不利益を与える可能性のある人物か否かの判断。

リファレンスチェックとは

リファレンスとは「reference」と表記し、直訳すると「参照」 という意味です。
中途採用の選考において、応募者の実績や人物像などを前職で一緒に働いていた第三者から確認する手法を言います。

第三者からの客観的な情報を得ることで、採用におけるリスクを軽減することが主な目的となり、応募者から了承を得た上で、依頼先は応募者の働きぶりや人物像をよく知る前職の上司や同僚など2人以上からヒアリングを行います。

リファレンスチェックとは

リファレンスとは「reference」と表記し、直訳すると「参照」 という意味です。
中途採用の選考において、応募者の実績や人物像などを前職で一緒に働いていた第三者から確認する手法を言います。

第三者からの客観的な情報を得ることで、採用におけるリスクを軽減することが主な目的となり、応募者から了承を得た上で、依頼先は応募者の働きぶりや人物像をよく知る前職の上司や同僚など2人以上からヒアリングを行います。

リファチェックについて
詳しく知りたい方はこちら
漫画で分かる
RefeCheck
サービス資料
ダウンロード

MERIT.1
入社後のミスマッチを
リファチェック導入で回避します

POINT.1
ミスマッチ採用の回避

応募者の価値観やスキルをより客観的な視点から把握できるようになります。
また、履歴書や面接では一部分しか見えなかったものが、リファレンスチェックによって多面的に応募者を理解できるようになるため、自社とマッチする人材かどうか確認しやすくなるでしょう。

POINT.2
経歴・職歴詐称の検知

応募者が経歴や職歴を詐称するケースは存在します。また、自分を良く見せるために、面接では実績を大げさに伝えたり、知識は忘れてしまっていても過去に取得した資格を履歴書に書いたりするといったケースは多くあります。

POINT.3
コンプライアンス遵守

リファレンスチェックを依頼する場合には、依頼した候補者および、候補者から依頼された推薦者に対し、必ず事前に実施に対する同意を得ているため、導入企業様が個人情報保護法に該当しないよう入念に設計されていますので、安心してご利用頂けます。

MERIT.1
入社後のミスマッチを
リファチェック導入で回避します


POINT.1

ミスマッチ採用の回避

応募者の価値観やスキルをより客観的な視点から把握できるようになります。
また、履歴書や面接では一部分しか見えなかったものが、リファレンスチェックによって多面的に応募者を理解できるようになるため、自社とマッチする人材かどうか確認しやすくなるでしょう。


POINT.2

経歴・職歴詐称の検知

応募者が経歴や職歴を詐称するケースは存在します。また、自分を良く見せるために、面接では実績を大げさに伝えたり、知識は忘れてしまっていても過去に取得した資格を履歴書に書いたりするといったケースは多くあります。


POINT.3

コンプライアンス遵守

リファレンスチェックを依頼する場合には、依頼した候補者および、候補者から依頼された推薦者に対し、必ず事前に実施に対する同意を得ているため、導入企業様が個人情報保護法に該当しないよう入念に設計されていますので、安心してご利用頂けます。

MERIT.2
採用に係るコストも
リファチェック導入で改善します

POINT.1
クラウドのみで完結。
簡単・スピーディー

候補者への依頼からレポート作成まで、オンラインで手軽にリファレンスチェックを実施することが出来ます。だからとっても簡単にサービス利用でき、スピーディーに完結します。

POINT.2
驚きの低コスト

一度雇用した年収300万円クラスの方が3ヶ月で辞めてしまうケースだと、およそ採用コスト100万、教育コスト100万、基本給100万。他にも解雇予告手当がかかることや、時間的ロスを考えると損失は多大なものとなります。

POINT.3
離職率の改善

リファレンスチェックによって、書類選考や面接以外の客観的な評価を入社前に知ることが出来ます。すなわち、ミスマッチによる採用の失敗を未然に防ぐことになり、求職者と企業側がしっかり意思疎通を図れるため、長く働き続けてくれる人材を採用に繋がります。

MERIT.2
入社後のミスマッチを
リファチェック導入で回避します


POINT.1

クラウドのみで完結。
簡単・スピーディー

候補者への依頼からレポート作成まで、オンラインで手軽にリファレンスチェックを実施することが出来ます。
だからとっても簡単にサービス利用でき、スピーディーに完結します。


POINT.2

驚きの低コスト

一度雇用した年収300万円クラスの方が3ヶ月で辞めてしまうケースだと、およそ採用コスト100万、教育コスト100万、基本給100万。他にも解雇予告手当がかかることや、時間的ロスを考えると損失は多大なものとなります。


POINT.3

離職率の改善

リファレンスチェックによって、書類選考や面接以外の客観的な評価を入社前に知ることが出来ます。すなわち、ミスマッチによる採用の失敗を未然に防ぐことになり、求職者と企業側がしっかり意思疎通を図れるため、長く働き続けてくれる人材を採用に繋がります。

MERIT.3
採用活動の人手・工数などのリソース不足も
リファチェック導入で改善します


選考の効率化

一般的な採用プロセスでは、書類選考で応募者を絞り、複数回の面接を通して採用者を決定します。新しく人材を雇うことは企業にとって失敗できないことであるため、最終的に採用を確定するまで時間がかかるのが難点です。


入社後の活躍への活用

リファチェックを利用することで、実際の仕事で携わっていた関係者からの評価を確認できます。強みとなるスキルや不足しているスキルを予め把握できる為、入社後に活躍しやすい環境を用意しやすくなります。


公正な選考

履歴書に記載されている内容に虚偽があると、公正な選考を実施できません。リファレンスチェックによって応募者の経歴に虚偽がないかを確認すること

MERIT.3 採用活動の人手・工数などのリソース不足も リファチェック導入で改善します


選考の効率化

一般的な採用プロセスでは、書類選考で応募者を絞り、複数回の面接を通して採用者を決定します。新しく人材を雇うことは企業にとって失敗できないことであるため、最終的に採用を確定するまで時間がかかるのが難点です。


入社後の活躍への活用

リファチェックを利用することで、実際の仕事で携わっていた関係者からの評価を確認できます。強みとなるスキルや不足しているスキルを予め把握できる為、入社後に活躍しやすい環境を用意しやすくなります。


公正な選考

履歴書に記載されている内容に虚偽があると、公正な選考を実施できません。リファレンスチェックによって応募者の経歴に虚偽がないかを確認すること

リファチェックについて
詳しく知りたい方はこちら
漫画で分かる
RefeCheck
サービス資料
ダウンロード
株式会社 企業サービス
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目29-5
  • 料金プラン
  • 機能一覧
  • よくある質問
  • セキュリティについて
  • 利用規約
  • 特定商取引法に基づき表記
  • プライバシーポリシー
  • 運営会社
© 2022 リファレンスチェックサービスのリファチェック All Rights Reserved